h-ism.info

ひろやんの趣味とか妄想を発散するブログ

2017年夏 香港旅行3日目その1

朝食の後は別行動。

香港旅行3日目は,朝食を食べて,中環まで行き,そして別行動。一緒に行った友人は,僕より1日早く帰国するため,別行動をしました。

長沙湾(Cheung Sha Wan)

3日目の朝は,香港の友人から聞いた粥店から始めることにした。日本で粥というと,体調を崩したときの食べ物という印象があるが,香港や台湾では日常的に食べられているらしい。

佐敦からMTRに乗り,長沙湾まで移動。朝早く移動を開始したから,MRTはガラガラだった。 安心した。友人は帰国するためにスーツケースを,僕はホテルを変えるためにスーツケースを持っていたから,香港の満員列車に乗ることは避けたかったのだ。

そして長沙湾に到着。駅を出ると今まで歩いてきた香港とは少し違った雰囲気の場所だった。

冠華粥品店(Guanhua Congee Restaurant)

冠華粥品店は長沙湾駅から少し歩いたところにありました。時間帯に寄るのかもしれませんが,長沙湾に観光客の姿はなく,ローカルな雰囲気だった。

冠華粥品店も街同様にローカルな食堂で,英語のメニューも無ければ,英語が話せる店員もいなかった。ただ,皆さんが親切だったので,スーツケースを持った2人の異国人でも,居心地が悪いと言うことはなかった。

鮮猪肉片粥&豆漿

Hong Kong

まろやかで,生姜が効いてて美味しい。暑い中歩いてきたから,さらに汗が出たけど。

Hong Kong

台湾に行って以来,豆漿が好きになりました。香港の豆漿も台湾のと同じくらい美味しかったです。

なお,日本の豆乳は苦手。コーヒーをブラックで飲むことが出来ず,ミルクや砂糖を入れる人の感覚かな?

超満員列車

おかゆを食べた後は香港島に渡ろうと,再びMTRの駅へ。ホームに進入してきた列車を見て唖然とした。

乗れないものはどうしようもないので,『エアポートエクスプレス・トラベル・パス』の力を発揮して逆方向へ。茘景駅(Lai King)まで移動して,東涌線(Tung Chung Line)で香港を目指すことに。

中環に行くには香港から歩かなければならないが,それでも列車に乗れないよりはマシという判断だ。

香港の通勤時間帯,とてつもなく満員列車です。そしてドアが躊躇無く閉まります。是非,気を付けてください。

中環に到着,さらば!

東涌線も混雑していたが,乗れないと言うほどではなかった。

香港に到着しそのまま中環へ移動。そこで友人と解散しました。

友人は,なんとしてもエッグタルトを食べて帰国したいと,上環(Sheung Wan)へエッグタルトを食べに行ったが。僕は何をするか決めてなかったので,とりあえず,天后(Tin Hau)のホテルへスーツケースを預けに行くことに。

ホテルに荷物を預けたのは良いが,チェックインにはまだ早い時間だったので,ホテル周辺を散歩することにした。

そうだ,折角だから午砲(Noonday Gun)も見てみよう。

Victoria Park

Hong Kong

僕が泊まったホテルの目の前にはVictoria Parkが広がっていた。土地が無く,高層マンションが乱立している香港に,これだけの規模の平地があるのは不思議な感じがした。

Hong Kong

Victoria Park内では,香港返還20周年のイベントに向けて,ステージや展示の用意が行われていた。

銅羅湾(Causeway Bay)

Hong Kong

天后からVictoria Parkを抜け,銅羅湾へ。

銅羅湾は若者に人気の街らしく,様々な商業施設が揃っている。時代広場(Times Square)や崇光(SOGO)に行って,Wi-Fiを拾って涼んでは外に出て,またWi-Fiを拾って涼んでは外に出てを繰り返しつつ,銅羅湾を散策した。

午砲は,その名の通り正午を知らせる大砲なので,中途半端に余った時間を銅羅湾近くで潰さなければならない。早く着いてもやることが無いし,遅く行ったら意味が無い。

香港の街は写真に撮りたくなるようなものが多く,暇潰しには困らなかった。

3日目その2へ続く。