h-ism.info

ひろやんの趣味とか妄想を発散するブログ

FUJIFILM X100Fを買った

FUJIFILMのX100Fを買いました。

FUJIFILMのX100Fを買ったので,外観と共に簡単なレビューとか設定とかを書きたいと思います。

正面

FUJIFILM X100F

X100Fの正面です。

X100Fのファインファーは『アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー』と言って,OVFとEVFを切り替えることが出来ます。基本的にはOVFで撮りたいと思っているのですが,AFがちょっと頼りないときがあって,使っていたら「これ合わないだろうなぁ」ってわかるんですけど,そんなときにはEVFを使っています。

『エレクトロニックレンジファインダー』といって,OVFの右下に小さなEVFを出すことも出来るのですが,眼鏡をかけているからか見づらいので使ってません。

『リアルタイム・パララックス補正』は便利ですね。これが無いとOVFで撮影できる自信がないです笑

正面右側

FUJIFILM X100F

レバーでOVFとEVFを切り替えたり,ERFを出したりします。

正面左側

FUJIFILM X100F

AF・MFの切替スイッチがあります。このデザインはあまり好きじゃないです。

レンズには手前から『絞りリング』と『コントロールリング』が付いています。『コントロールリング』には,『スタンダード』の他に,『デジタルテレコン』と『ホワイトバランス』と『フィルムシミュレーション』を割り当てることが出来ます。『スタンダード』に設定している場合,撮影モードに応じてカメラが自動で機能を割り当ててくれます。

RAWで撮影している場合,『デジタルテレコン』は使用できません。僕は『フィルムシミュレーション』を割り当てています。

GRはRAWで撮影していてもデジタルテレコンが使えた気がします。X100Fもアップデートで対応して欲しいところです。

裏側

FUJIFILM X100F

右手だけで殆どの操作を行うことができます。片手だけで操作出来るという操作性もさることながら,スッキリしていてカッコイイですね。

『フォーカスレバー』はとても便利です。あらゆるカメラに搭載して欲しい機能です。メッチャ便利。

VIEW MODEというボタンで,ファインダーの表示を切り替える事が出来ます。『アイセンサー』と『VIEWFINDER ONLY』と『LCD ONLY』と『VIEWFINDER ONLY + アイセンサー』から選ぶことができます。僕はファインダーをOVFに設定した上で『VIEWFINDER ONLY + アイセンサー』に設定しています。

X100Fはバッテリーの持ちが良くない気がするので,少しでも節約出来るようにと。

上面

FUJIFILM X100F

上面には『電源レバー』,『シャッターボタン』,『シャッタースピード/感度ダイヤル』,『測光ボタン/ファンクションボタン』,『露出補正ダイヤル』が付いています。

『電源レバー』に少し遊びがあるのと『シャッターボタン』にクリック感があるのが苦手です。『露出補正ダイヤル』は,+3から-3までグルグルと無限に回ります。C位置に設定するとフロントコマンドダイヤルで露出補正できるようになりますが,雰囲気重視で今のところ使っていません。そのうち使う様になるかも…。

フロントコマンドダイヤルとリアコマンドダイヤルの機能を切り替えることが出来れば良いのですが…できませんよね?この辺が少し不便です。

『シャッタースピード/感度ダイヤル』は基本的にAですね。殆ど絞り優先で撮影しています。感度は上限をISO1600に設定しています。もう少し上げてもいいかな?と思いつつ,とりあえず1600で。

E-M1 MarkⅡの強力な手振れ補正に頼っていたので,ブレ写真を量産しているところです。

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

 

blog.h-ism.info