楽趣無限

楽しさとは

2018年夏 台湾旅行1日目その1

台湾旅行1日目です。

同じ部署で働いていたときに仲良くなった友達と台湾旅行に行きました。彼は今,関東に住んでいるので,今回の旅も現地集合・現地解散ですね。そういえば海外旅行行くとき,最初から最後まで誰かと一緒だったことって,学生のときに行った旅行1回だけかも。

福岡空港

台湾旅行 2018.7.28-2018.07.30

始まりはいつもここから,福岡空港です。空港内から眺める滑走路は湿度も気温も高そうです。福岡空港の中も…けっこう暑かったな。もっとクーラー効かせて欲しいと思いました。

台湾旅行 2018.7.28-2018.07.30

初めてのバニラエア。今回,台湾の往復に掛かった金額は27,990円。この金額には往復分の『受託手荷物〜20kg』も入っていて,それを覗けば21,990円だったかな。シートの指定はしなかった。

台湾旅行 2018.7.28-2018.07.30

シートの指定をしていない場合,空港でチェックインするときにシートを指定されます。行きは窓側の席を案内されました。

桃園国際空港

台湾旅行 2018.7.28-2018.07.30

2年前に行ったとき,こんなに綺麗だったっけ?2年前は夜に着く便で,バスの時間がカツカツだったから空港の写真撮ってなかった。

blog.h-ism.info

1年前に行った香港からの帰り道でも桃園国際空港に立ち寄ってるんだけど,そのときはトランジットだからここには来てない。

團紀彦っていう,日本の建築家が設計したらしい。

2年前に行ったときは,夜遅くに着く便だったから,入国審査もサクサク進んだ覚えがあるけど,今回は長かったなぁ。二回目っていう心理的な要因もあると思うけど,列が全然進まないように感じた。

暇だったのでdocomoのパケットパック海外オプションを契約する等して暇を潰しました。僕が契約したのは980円/24時間です。2480円/72時間ってのもあったらしい。実際に使った感想は「次も使います!」の一言。

  • 手元のiPhoneで契約できる
  • 荷物増えない
  • 借りたり返したりしなくて良い
  • バッテリーもiPhoneだけ気にしとけばいい

海外SIM使ったり,Wi-Fi借りるよりは高いかもしれないけど,良いわこれ。

桃園機場捷運

台湾旅行 2018.7.28-2018.07.30

台湾旅行 2018.7.28-2018.07.30

桃園国際空港から台北までは,2017年に開業したMRT,桃園機場捷運を使いました。

普通車と直達車があるけど,値段はどちらも160元。Google Mapsの案内に頼れば,間違えて乗った普通車から直達車への乗り換えもスムーズです笑

台湾旅行 2018.7.28-2018.07.30

台湾旅行 2018.7.28-2018.07.30

桃園機場捷運の車窓。

バイクを借りてゆっくり走ってみたいなぁと思いました。台湾は日本と違って右側通行ですよね。こういう田舎道で前から車が来たら,車線がない分,左側に回避行動を取ってしまいそうで怖いなぁと思いました笑

分かりやすい写真がないのですが,桃園機場捷運の高架は高いです。地震が起きたときや,台風が来たときは大変だろうなぁと思いました。

乗った感想ですけど,揺れも少ないし車内も綺麗で快適。急勾配が多くて驚いた。飲食禁止なのにドリンクホルダーがあるのは罰金を取ってやろうという罠かな?

台北駅

無事に台北駅に到着。友達と合流して,とりあえずホテルに荷物預けに行きました。

台湾旅行 2018.7.28-2018.07.30

駅のホールでは卓球の試合が行われていました。なんか…いいね!

台湾旅行 2018.7.28-2018.07.30

早速ですが暑い。

今回泊まったホテルですが,2年前と同じ『Chair Man Hotel 城美大飯店』です。駅から近くて,安くて,フロントの人は気さくで,掃除もしっかりしてくれて,素晴らしい。一日早く台湾に付いていた友達も,「窓が無いこと以外は良かった!」と言ってました。

このホテルは人数ではなく部屋での料金なので,今日からはツインをとって同じ部屋に泊まることに。「ツインをとってもベッドが二つ無いことがある」って書き込みをどこかで見て不安になりましたが,ベッドは二つあったし,窓も付いてて一安心。とりあえず荷物を置いて,台湾観光を始めます!

1日目その2へ続く。